サッカー

サッカー観戦初心者でも「いいサッカーができているかどうか?」簡単に見分けるコツ

 

 

どうも、ゼロファジ(https://twitter.com/ZeroFagi)です!

 

 

今回はサッカーの試合を見ていて応援しているチームが「いいサッカーができているかどうか?」簡単に見分ける方法についてお話しします。

 

 

もし応援しているチームが3-0、4-0とリードを広げているようなら誰だって「これはうまくいってるんだな」と判断できますよね。でも、サッカーは得点のあまりはいらないスポーツですから、スコアに大きな差がつく試合はそんなに多くありません。では点数みたいに目安になってくれるものがないときにどうやって判断したらいいでしょうか?今回はそのあたりについて解説していきたいと思います。

 

 

この記事で紹介するコツを頭に入れておけば、サッカーの知識とかぜんぜんなくても「あ、今日はいい感じなんだな」とか「今日はどうもよくないぞ・・・」とか応援するチームの出来不出来をざっくりと把握することができます。すぐ使えるコツですので、ぜひ試合を見るときに試してみてくださいね!

 

 

 

いい攻撃といい守備がそろってる状態が”いいサッカーができている”

 

 

 

まず最初に最もいい状態はどんな状態なのか?から話を進めていきましょう。サッカーは相手より1点でも多くリードした状態で試合を終えることができれば勝つというゲームです。最も理想的な”いいサッカーができている”状態とは、最も勝利に近づくサッカーができている状態だと言ってよいでしょう。具体的には、こちらは点が取れるのに相手は点が取れない、これが最高に”いいサッカーができている”状態です。まさしく完勝!ってやつですね。

 

 

このようにチームの出来を判断するためには、攻撃・守備の両面チェックして総合的に良し悪しを判断する必要があります。状態によっては「攻撃はいいけど守備がイマイチ」って場合や、「攻撃も守備もぜんぜんダメだなあ」って場合もあります。そのときそのときの出来によって段階的に評価が上下するわけですね。ですから、攻撃の良し悪しと守備の良し悪しを判断する基準が必要になってきます。

 

 

 

”いい攻撃ができている”かどうかを見分ける方法

 

 

それではまず、攻撃のほうから見ていきましょう。

 

 

攻撃 = シュートチャンスを作ること + シュートを決めること

 

 

ですから、一番いい攻撃ができている状態とは?

「 最高にいい攻撃 = シュートチャンスが豊富に作れる + バンバンシュートが決まる 」

といった感じですね。これならどんどん点が取れて大差がついちゃいますが・・・まあこんなことはそうそうあるもんじゃないですね笑

 

では、次にいい攻撃はどういう状態か?というと、

「 次にいい攻撃 = シュートチャンスが作れる + シュートが決まる 」といった感じです。

このように段階的に「いい攻撃ができているかどうか?」をチェックすることができます。ちょっと列挙していきましょう。

 

最高の攻撃 = シュートをたくさん打っている + シュートが決まっている
2番目の攻撃 = シュートを打っている + シュートが決まっている
3番目の攻撃 = シュートをたくさん打っている + シュートが決まらない
4番目の攻撃 = ボールが前に運べている + シュートが打てている
5番目の攻撃 = ボールが前に運べている + シュートが打てていない
最低の攻撃   = ボールが前に運べていない

 

 

整理してみるとざっとこんな感じでしょうか。攻撃とはボールを運んでいってシュートを打ってゴールをとることなので、ボールを前に運べていない状態だと攻撃の体をなしていない状態だと言えるでしょう。最高の攻撃から最低の攻撃までを6段階でざっくりわけるとこうなります。一口に攻撃と言ってもこのくらいうまくいってるかどうか?に差があるわけですね。これを頭に入れておくとわかりやすくなります。

 

 

”いい守備ができている”かどうかを見分ける方法

 

 

 

守備 = シュートチャンスを作らせないこと + シュートを防ぐこと

 

 

では、次に守備のほうを同じように列挙していきます。

 

最高の守備 = 相手にボールを運ばせていない
2番目の守備 = 相手にボールを運ばれている + シュートを打たせていない
3番目の守備 = 相手にボールを運ばれている + シュートを打たれている
4番目の守備 = シュートをたくさん打たれている + シュートは防げている
5番目の守備 = シュートを打たれている + シュートを決められている
最低の守備 = シュートをたくさん打たれている + シュートを決められている

 

 

攻撃の真逆が守備ですから、攻撃のときの6段階評価をちょうどひっくり返した形になりますね。

 

 

先ほど攻撃と守備の両面をジャッジして、出来の良し悪しを判断する必要があると言いましたが、試合の状況によっては「3番目にいい攻撃ができているけど、守備が最低」だとか、「攻撃は最低だけど、守備は最高」みたいにパターンが分かれてきます。常に一番いいサッカーができればそれに越したことはないのですが、そう楽に話が進むもんじゃありません。なぜならサッカーには相手がいるからです。

 

 

サッカーの出来の良し悪しを一番左右するのが、「相手の強さ」。これを考慮しない評価はあまり意味がありません。

 

 

相手の強さによって出来の評価は変わってくる

 

 

たとえば、自分の実力ではちょっと厳しいなというテストでいい点が取れたら「よくやった!」ってなりますよね。逆にこれなら楽勝でしょ?ってテストで思うように点が取れていなかったら「これはマズイ」となります。おなじようにサッカーでも強い相手に健闘していたら「よくやってる!」となりますし、弱い相手に善戦されていたら「もうちょっとがんばって!」となってくる。このように相手の強さによって求めたいパフォーマンスが変わってきますから、いいサッカーができている”かどうか?の合格ラインも変動しちゃうんですね。

 

 

毎試合毎試合最高の攻撃と最高の守備を見せて完勝するチームなんてほとんどいませんから、強い相手と対戦した時に出来る”いいサッカー”と、弱い相手に出来る”いいサッカーは”異なってきます。”いいサッカーができている”かどうか判断するときに必ず相手との力関係を考慮しておかないといけないんですね。

 

 

では、相手の強さをつかむにはどうしたらいいの?となりますよね。実際に相手の強さをちゃんと見極めるには事前に相手のことをリサーチしたりする必要がありますが、まあざっくり言ってリーグ戦なんかだと順位を参考にするのが手っ取り早いと思います。それから評判はどうか?とか、あとは調子ですね。直近で連勝していたりするチームは順位が低くても強い場合があります。まあここは難しく考えずに、だいたい応援するチームとの力関係はどうかなあとイメージする程度で十分だと思います。

 

 

 

まとめ

 

・チームの出来の良し悪しを判断するには攻撃と守備の両面をチェックする
・攻撃の良し悪し、守備の良し悪しにはそれぞれ6段階ある
・攻撃と守備の6段階を組み合わせて出来をジャッジする
・相手によって”いいサッカーができている”かどうかの基準が変わる

 

 

このコツを使ってぜひ試合中「うちのチームはうまくいっているのかどうか?」チェックしてみてください。試合の時間帯によっても良し悪しは変動してきますので、このコツをうまく使うと「さっきは悪かったけど今よくなったなあ」というように試合の流れまでなんとなくつかめるようになりますのでおすすめです!

 

今後もわかりやすい解説を発信していきますので、この記事が良かったと思ってくださった方は、twitterのフォローとYoutubeのチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

twitter → フォローはこちらをクリック

Youtube → 登録はこちらをクリック

 

それではまた。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. サッカー

    本田圭佑が教えてくれた”ハングリーでありつづける”ことについて
  2. サッカー

    【サッカー日本代表】11月シリーズにむけて注目ポイントをおさらいしておく
  3. サッカー

    【森保ジャパン】ウルグアイ戦の勝利より値打ちのあることとは何か?
  4. サッカー

    【解説のカイセツ】ウルグアイ戦で明らかになった、森保ジャパンにフィットする選手像…
  5. サッカー

    サッカー観戦初心者が知ってるようで知らない3つのこと
PAGE TOP