コラム

サッカーのマッチレビューはあくまで解答”案”にすぎないという話

 

 

どうも、ゼロファジ(https://twitter.com/ZeroFagi)です!

 

 

サッカーの試合の内容について分析的に書かれたものをマッチレビューといいます。

 

 

プロのサッカージャーナリストやサッカー解説者といった本職の人たちや、一般の指導者やブロガーなどなど、ひとつの試合をめぐっていろんな人がそれぞれの考察を発表していますね。いろんな観点からいろんな考察があり、ひとつの試合からいろいろなものが見えてくる。まさにサッカーの醍醐味のひとつだと思います。

 

 

ところでこのマッチレビューについてあなたはどんなイメージを持っていますか?

 

 

「試合を分析的に見て文章に起こすわけだから、間違ってはいけないんだろうなあ」
「他人に見られるわけだから、恥ずかしくないものにしないといけないだろうなあ」
「ツッコミの入らない正解を言い当てなきゃいけないんだろうなあ」

 

 

みたいな感じでとらえている方も結構いるんじゃないか?と思います。自分も長くブログでマッチレビューを書いていてきましたが、「自分なんかがこんなこと書いてていいのか・・・」とビビっていた時期もありました。しかし、やり続けてきた経験上の結論から言うと、

 

 

マッチレビューに正解なんかない。だから、自分の見立てを素直に書こう。

 

 

ということでした。今回はこのことについてお話してみたいと思います。

 

 

サッカーのマッチレビューに正解はない

 

 

よくサッカーは正解のないスポーツだと言われます。

 

同じ試合を見ていても人によっては見え方が全然違っていて、結論が逆になることもあります。Aさんの結論と、Bさんの結論、全然違うけどどっちが正しいのか?・・・そんなもんはわかりません笑
どっちも正しいんじゃない?って場合だってたくさんありますからねえ。サッカーのマッチレビューを読んでいるとこういうことが起こるんですよね。

 

 

では本当の正解はだれが知っているのか?このレビューの正しさはだれがジャッジするのか?

 

 

これはサッカーの神様でもない限り、断定して「これが正しい!」といえる人はいないんじゃないか?と思います。逆に言えば、正解なんてないってことです。誰一人として正解レビューなんて書けやしないんだから。

 

 

ということはつまり、だれにも絶対に正しい答えなんかわからないわけですからサッカーのマッチレビューって「採点されない解答案」みたいなものなんですよね。あくまで案にすぎない。100点かもしれないし、60点かもしれない、それは神のみぞ知るです。

 

 

 

 

段階に応じて変わってくるインプット・アウトプットの質と量

 

 

 

サッカー観戦の初級者・中級者・上級者ってどんな感じか考えてみた」という記事の中で、サッカーを読む力(知識・経験)にも段階があるというお話をしました。初心者には初心者のわかることがあり、中級者には中級者のわかることがあり、上級者には上級者のわかることがあります。

 

 

また「サッカー観戦初心者が知ってるようで知らない3つのこと」という記事の中で、サッカーは情報量がすごく多いことについて述べました。その大量の情報の中からポイントをうまく拾って、筋道を立てて論理を組み立てるには知識・経験が必要になってきます。ですから、そのレベルによってレビューに落とし込む際にそもそも拾い上げた情報の量や質において差が出ちゃうんですよね。インプットが違うので、アウトプットも違ってきちゃう。

 

 

だから自分のレベルが上がっていないうちにそうそうきれいにまとまったレビューなんて書けるわけがないんです。かくいう自分もレビューを書き始めた最初のころの記事なんて二度と読み返したくないですもん恥ずかしくて笑まずもって試合を読む力(インプット)のレベルをあげないと、それに応じてレビューする力(アウトプット)も上がっていかない。この点は非常に大事だなと思います。

 

 

先程正解を書ける人なんていないといいましたが、レベルが上がってくるとだんだん間違いが減っていきます。だからより正解に近いであろうレビューが書けるようになるんですね。レベルが上がれば上がるほど知識・経験が積みあがって正確性があがる。自分ももっとレベルアップしなきゃ!と思います。より正解に近づくために。

 

 

今見えること今わかることをレビューに乗せよう

 

 

 

ちょっとまとめておきましょう。

・サッカーのマッチレビューはあくまで解答”案”に過ぎない
・サッカーのマッチレビューに正解はない
・サッカーの試合を読む力の差によってインプットできる情報の質・量がかわる
・より間違いの少ないレビューにするにはインプットのレベルアップが必要

ということでした。

 

 

自分は試合の内容をひとに伝えることが応援するクラブのサポートになるはずだと思ってこれまでずっとレビューを書いてきました。しかし、この先別にサッカーの指導者になりたいわけではありません。ですから、だれにも負けない知識を身につけようとか!ちゃんとサッカーを教えられるようになろう!とは思っていないんですね。

 

あくまで、試合の内容を伝えてほかの人に楽しんでもらったり、自分が考えを整理するためだったりします。だから誰かと知識の量や指摘の正確さを競い合うために書くわけではありませんし、自分が間違っていても別にいっかと思っています。もちろんなるべく正確な解答案をまとめたいと思っているので自分の間違いをただす努力はしますが、あくまでこれは趣味だと割り切っています。プロを目指すわけじゃないですし。

 

今の自分の知識・経験によって試合を読む力が決まるので、知らないことわからないことはレビューに乗っからないんですよね。でも、それが現時点の自分の位置だし、それを取り繕っても仕方がない。だから、今わかること今見えることを試合から拾い上げてレビューに落とし込んでいくことにしています。それを続けていくことが経験の蓄積になりますし、より間違いの少ないレビューにしていくための近道だと思っています。

 

 

 

この記事が良かったと思ってくださった方は、twitterのフォロー、Youtubeのチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

 

twitter → フォローはこちらをクリック

Youtube → 登録はこちらをクリック

 

 

それではまた。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コラム

    サッカー観戦の座席選び、ほんとに指定席で大丈夫?という話
  2. おススメ

    サッカーブロガーにおススメしたい本『20歳の自分に受けさせたい文章講義』
  3. サッカー

    サッカー観戦初心者でもすぐにワクワクできるピッチの簡単な見かた
  4. 防災・災害

    被災者が語る失敗しない見舞金の送り方3選
  5. サッカー

    【初級者向け解説】日本流ゾーンディフェンスとは? 短所を長所で補う独自のアレンジ…
PAGE TOP