サッカー

サッカー観戦初心者に最初に伝えたい「サッカーというスポーツ」の話

 

 

どうも、ゼロファジ(https://twitter.com/ZeroFagi)です!

 

 

前回の「サッカー観戦初心者が知ってるようで知らない3つのこと」という記事では、サッカーの試合を見るうえで知っておいたほうがいい特徴についてのお話をしました。今回はサッカー観戦初心者の方にぜひとも伝えたいサッカーというスポーツについてのお話をしていきたいと思います。

 

 

 

今回のお話はぶっちゃけ「そんなのあたりまえだよ!」って話になってしまうかもしれません。しかし、あたりまえのことってあたりまえすぎてかえって考えてみたりしないもんじゃないですか?

 

 

 

普段考えることがなかった”サッカーというスポーツ”も、改めてしっかり向き合ってみると見えなかった姿が見えてくるものです。順を追って解説していきますので、それまでもっていたサッカーに対するぼんやりとしたイメージがこの記事を読むことで少しでもハッキリしてくるといいなと思っています。

 

 

 

すべてのチームが目標とする「勝利」とはいったい何か?

 

 

 

サッカーは2つのチームが対戦するゲームです。「この試合は勝たなくてもいい」ということもあるにはあるんですが、基本的にどのチームも目の前の相手に勝つために一生懸命に戦います。プロならなおさらですね。真剣に取り組んでいる人であれば勝ちたくない人なんていないでしょう。

 

 

では、「サッカーの試合に勝利する」というのはどういうことでしょうか?
他人に説明するとしたらあなたならどう言葉にしますか?

 

 

答えは、相手よりも1点以上多く得点を取った状態で試合を終えること、です。

 

 

相手からリードを奪えないとサッカーの試合に勝つことはできません。1-0でもいいし、3-0でもいいし、2-1でも5-4でも、とにかく1点以上差をつけていればなんでもOK。

 

 

・・・・ね?あたりまえの話をしますといったでしょ?笑
でも案外あたりまえのことを言語化してみようとするとちょっと考えてしまいますよね。サッカーではぼんやりと持っていたイメージをしっかり言葉に変える力があると後々非常に役に立ちます。ですから、その都度「これってどういうことだろう?」と考えるクセをつけていると理解が早いのでおすすめですね。

 

 

 

「得点」をとるための「攻撃」とは何か?

 

 

 

サッカーの試合で「勝利」するためには必ず「得点」が必要である、というお話でした。じゃあ「得点」をとるために必要なアクションは何か?といえば、「攻撃すること」ですよね。この話もやっぱり”あたりまえ”です。

 

 

では次に、「攻撃」とは具体的に何をすることでしょうか?
誰かに説明するとしたらあなたならどう伝えますか?この問題はちょっと難しいかもしれませんが、答えは「〇〇すること+〇〇すること」という形になっています。

 

 

実は長いことサッカー見てきた自分も全然整理できてなかったんですが、

 

 

答えは、攻撃 = シュートチャンスを作ること + シュートを決めること です。

 

 

得点をとるためにはシュートを打たなければなりません。ですからまず、ボールを相手の陣地に運んでいって、誰かがシュートを打てるチャンスをつくる。そして、シュートチャンスが作れたらあとはゴールを決めるという一番大事な作業へと移っていきます。この2つをあわせて「攻撃」なんですね。

 

 

ちなみにこのシュートチャンスを作るまでの組み立てのことをビルドアップといいます。この言葉は耳にしたことがある方もおられるかもしれませんが、ビルドアップの方法はたくさんありましてどれが正しいとかはありません。そのチームにあっているならそれが正しいビルドアップだと言っていいでしょう。

 

 

後ろから丁寧にパスをつないでシュートチャンスを作るのもよし、ドーンとロングボールを蹴りこんで競り合い勝負に持ち込んでシュートチャンスをつくるのもよし、方法はどれを取ったってかまいませんがサッカーの好みが出やすいのもこのビルドアップのやり方のところですね。

 

サッカーの試合だとシュートが1試合で10本を越えてくれば「おお、結構シュート打ったなあ」という感じでして、シュートを決めて得点をとるとなるとさらに回数は減ってきます。ですから、試合の中でかなり長い時間をシュートチャンスを作ることに費やすことになりますね。

 

 

 

「攻撃」の反対、「守備」とは何か?

 

 

 

攻撃はシュートチャンスを作ること+シュートを決めること。

 

 

では、攻撃の逆である「守備」とは具体的にどうすることでしょうか?
これはピンとくる方も多いかもしれませんね。

 

 

答えは、守備 = シュートチャンスを作らせないこと + シュートを防ぐこと です。

 

 

まさしく攻撃の逆が守備なわけですから、相手がビルドアップしてくるのを邪魔すること(=シュートチャンスをつくらせないこと)と、シュートチャンスを作らせてしまった場合にシュートを防ぐこと(=シュートを決めさせないこと)が守備のねらいです。サッカーでは常にどちらかが攻撃し、どちらかが守備をします。めまぐるしく攻守が入れ替わることもありますが、この原則はかわりません。

 

 

普段見ているサッカーは基本的にこのように言葉にすることができます。あまりこういったことを意識してサッカーを見る人は多くないと思いますが、はっきり言ってこのことを整理しているかいないかだけでもだいぶ観察者としてのステージは違ってきちゃうんじゃないか?と思うくらい大事なことだなあと思います。

 

 

まとめ

 

・勝利とは相手よりも1点以上多く得点を取った状態で試合を終えること
・勝利するためには得点が必要不可欠
・得点をとるためには攻撃しないといけない
・攻撃とはシュートチャンスを作ること(ビルドアップ)+シュートを決めること
・守備とはシュートチャンスを作らせないこと+シュートを防ぐこと

 

 

攻撃とはなにか?守備とはなにか?がわかっただけでも試合の見え方が随分変わってきますので、ぜひ次に観戦する際に今回のお話を踏まえで「どれどれ?」と試合を見ていただけたら以前より楽しんでもらえるんじゃなかろうか?と思っています!

 

 

 

今後もわかりやすい解説を発信していきますので、この記事が良かったと思ってくださった方は、twitterとYoutubeのチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

 

twitter → フォローはこちらをクリック

Youtube → 登録はこちらをクリック

 

 

それではまた。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. おススメ

    サッカーブロガーにおススメしたい本『20歳の自分に受けさせたい文章講義』
  2. 防災・災害

    被災者になってみて実感した心底助かる支援とはなにか?
  3. サッカー

    サッカー日本代表 vsコスタリカ戦を初心者むけにレビューしてみる
  4. サッカー

    サッカー観戦初心者でも「いいサッカーができているかどうか?」簡単に見分けるコツ
  5. サッカー

    サッカー観戦初心者でも簡単にできる「サッカーの見かたがうまくなる」コツ
PAGE TOP