コラム

サッカー観戦の初級者・中級者・上級者ってどんな感じか考えてみた

 

 

どうも、ゼロファジ(https://twitter.com/ZeroFagi)です!

 

 

サッカーってスポーツは観察したり考察したりしながら観るとめちゃくちゃ面白いスポーツだと思います。

 

 

しかし、サッカーは難しい・・・・・初級者にとっては特に。
「ははーん、なるほど」と試合を観ながら発見できるようになるにはある程度知識を求められます。常々、サッカーを観る技術についてもざっくりと初級者・中級者・上級者というクラスわけができそうだなあと感じていたので、今回は自分なりに感じているサッカー観戦者のヒエラルキーについてまとめてみました。

 

 

サッカー観戦の初級者・中級者・上級者とは?

 

 

サッカー観戦初級者
・観戦歴が浅い
・サッカー関連知識が乏しい
・試合で起こっていることの意味がわからない
・試合の全体像がつかめない
・試合の内容を印象や感情で語ってしまう
・試合の内容を筋道立てて説明できない

 

 

初級者はわからないことだらけですから、仕方ないですよね。誰だって最初はここからスタートするもんです。自分もサッカーを観察したり考察したりせずに、十数年もぼーーっと観てきました。それはそれで無駄ではなかったのですが、もうちょっと踏み込んだら間違いなくパッカーン!と開ける世界があったのにな!と思うこともあります。

 

よく難解な映画ってあるじゃないですか、初級者のころの観戦体験てそういう映画をずっと観ている時のような感じに近かったなあと思います。内容にはタッチしていきたいんだけど難しくてとっつきにくい。果たしてどこをどうすればわかるようになるのか?それがわからない!みたいな。サッカーについてこう思っている人、かなり多いんじゃないかな?と思います。

 

 

サッカー観戦中級者
・観戦歴がある程度ある
・試合で起こっていることがある程度読める
・試合の全体像や流れを意識して観戦できる
・試合の内容を論理的に説明できる(レビューが書ける)

 

 

自分自身は中級者かな?と自覚しています。
中級者になると先ほども言ったとおり初級者のころとは比べ物にならないくらいサッカーの楽しさを味わえるようになります。試合の一つ一つが自分なりに鑑賞できますし、自分なりの解釈が持てるのでほかの人と意見交換もできます。これがまた最高に楽しいんだ!また、サッカー解説者の解説の意味ももちろん理解できますし、特に専門的な話を除けば上級者レベルの話にもだいたいついていけます。考えを真似たりはできないけど、何言っているのか?位は理解できる。初級者の人もここまで来たら絶対サッカーをもっともっと好きになってしまうにちがいない!初級者と中級者を分ける一番の大きな要素は、「試合の内容やプレーを論理的に説明できるかどうか?」ではなかろうかと思っています。

 

 

サッカー観戦上級者
・サッカー経験や指導経験がある
・観戦歴が豊富
・全体像はおろか個別具体的な部分まで観察できる
・個人レベルチームレベルでのセオリーに精通している
・試合の内容について詳細にレポート・スカウティングができる

 

上級者は自分も想像の世界ですが、サッカー経験者や指導者、サッカー解説者や大勢のフォロワーを抱えるレビュワーなどをイメージしています。ようは”本職の人”がこれにあたるのかな?と。自分からすれば足りない知識を補ってくれる先生みたいな人たちですね。中級者の中には向学心が高くここを目指す人もけっこう多いなあと思います。しかしまあ、趣味で観戦を楽しむ分には中級者クラスで十分だと思います。

 

 

サッカー観戦の上達は英会話の上達に似てるかも?

 

 

ふと思ったのが、サッカー観戦の上達って英会話の上達に似ているのかもしれないなあということ。

英会話初級者
・学校で習ったくらいの知識しか持っていない
・アルファベットと単語は少し理解できる
・長い文章は読めない
・会話は全くできない

英会話中級者
・英語の読み書きができる
・英語を使って会話が不自由なくできる

英会話上級者
・英語を使った読み書き、会話がネイティブレベルでできる

 

 

みたいな。

 

 

ある程度自分の思うとおりに扱うことができるようになれば見えてくる世界は広がってきます。

 

 

サッカー観戦初級者にたちはだかる高い壁

 

 

自分自身が体験してきたことなので、ぜひとも初級者の方には中級者クラスまでがんばってもらってサッカーの楽しさを味わってほしいなあと思うのですが、初級→中級の壁って結構高いんですよね・・・・

 

他所の国ではわかりませんが、観戦者がスキルアップするための教科書みたいなものを日本サッカー協会が出しているわけではありません。英会話ならそれこそ無数に方法論があり、教室も豊富にあり、講師もたくさんいます。学ぼうと思えばいつでも学べますよね。しかしサッカー観戦はそういうわけにはいかない。見かたを教えてくれる本もサッカー解説者やサッカーライターさんの著作がいくつかあるくらいです。疑問を感じてもぶつける相手もなかなかいないかもしれない。

 

結局かなりの部分を独学でやらないといけない。
ほかの方はわかりませんが自分の場合はそうでした。
しかし、独学は効率が非常に良くない。そして忍耐を求められます。そうまでしてやりたい情熱がないとなかなか続かない。

 

もっと中級者になれる人が増えればこの国のサッカー文化もより成熟していくだろうし、この国におけるサッカーの立場もどんどん存在感を増していくことでしょう。ひいては日本代表の強化にもつながるかもしれない。そのために自分のできることをやっていきたい。もっと初級者が楽しみながらサッカー観戦スキルを高めていく方法はないものか?そういうことを考えています。初級者の方が中級者になるまでのナビゲーター役を少しでもできたら幸いです。

 

 

※この記事がよかったと思った方はツイッターのフォローをお願いします → フォローはこちらをクリック

 

 

それではまた。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コラム

    DAZNマネーはJ2をどう変えたのか?【J2→J1移籍】
  2. サッカー

    サッカー観戦初心者でも簡単にできる「サッカーの見かたがうまくなる」コツ
  3. サッカー

    【サッカー日本代表】11月シリーズにむけて注目ポイントをおさらいしておく
  4. サッカー

    【森保ジャパン】ウルグアイ戦の勝利より値打ちのあることとは何か?
  5. コラム

    サッカーのマッチレビューはあくまで解答”案”にすぎないという話
PAGE TOP